課税判断に対して

税金は難しいと思われている

三権分立は、法律を作る立法府の国会と、法律の執行をする行政府と、法律や行政行為が憲法に違反を判断する司法の裁判所で、諸機関を相互に独立のものとすることによって均衡や抑制を確保しようとする制度です。
税金について、司法の裁判所における監視は、不十分であるかもしれないと言われています。
税務行政の実務を覆す判決をだすのは阻まれ、裁判官の判断は実務の容認に偏り易くなる傾向があり、裁判所の三権分立としての独立性は疑問が残るものです。
司法試験でも「租税法」を選んだ合格した受験生が1割もおらず全般に不人気の上、裁判官も専門知識の乏しいのを補足するために調査官を活用できても、調査官が国税局からの出向者である実態からも、税の行政に、裁判所の判断を引きずられることが多いのも想像がつきます。

様々なトラブルはお金のこと

税理士が中心となって、集約して行うこともあります。
法律紛争トラブルの場合は、弁護士に依頼して相談し解決を模索します。
最善を尽くしてトラブルの早期解決を行います。
個人の遺産協議等では、税理士に相談することで相当の知識を得られ、節税対策もできます。
相続人への遺産分割の調整にて、それぞれの相続人に税制メリットがあることも。
税理士を使って、賢く節税し、把握することが大切です。
土地の分割方法により変わるためです。
建物の鑑定士によって査定されると、売れる金額によって遺産総額が増減します。
企業内で起こる労働にまつわる問題などを事前に抑制するため、社会保険労務士に相談してペナルティー軽減を模索します。
それぞれの資格のサポートを受けることのメリットは多大です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る