ミスが少ない人

日常の業務

税務代理では、税務署に提出する確定申告や、青色申告の承認や申請税務署の更正や決定に対する不服申立てがあります。
交渉力やコミュニケーション力もかなり必要です。
税務調査の立会いにも、税理士法第32条で、税務代理する場合は税務官公署職員との面接の時に税理士証票を提示しなくてはいけないとされています。
調査官からも身分証明書の携帯義務で税務調査開始の際に、調査官の身分証提示があるのが普通とされ、関係人からの請求があった場合も提示されます。
税務書類の作成としても個人や企業等の納税者に代わり税務署提出し、確定申告書や相続税申告書や青色申告承認申請書や不服申立書他作成で税務署提出の場合は、税理士署名押印が必要となります。

業務の効率化を考える

ITへの効率化などで業務時間を短縮することが可能になってきました。
監査まで、AIで進めることができる時代もきています。
会計ソフト使用の会社の増加で、個人事業者や企業の社内の経理で会計ソフトに入力して帳票してから税理士に税務的な判断を委任されることも増えています。
税理士の専門的な観点からのアドバイスは、事業の改善や経営上の課題にも役立っています。
決算時の貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書等の作成や、個人事業主の確定申告は会計ソフト作成のものを税理士が税務署窓口に提出します。
金融機関への提出用の財務諸表等の書類や節税とキャッシュ資金繰り等を勘案して、税理士が決算を組むのも通常です。
黒字見込みの場合には、節税は重要事項で、影響力が大きい。
経営者と税理士は長期的な付き合いが必須になっています。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る