おすすめリンク

事業承継を成功させる方法

事業承継を成功させるためにおさえておくべき知識、ノウハウを伝授します!ポイントを理解しましょう!

税改正に追いつく

事業承継税制は、高齢などの会社オーナーの経営者が死亡し、後継者の受贈者や相続人などが、非上場会社で円滑化法の認定を受けている場合、株式などを贈与や相続等によって取得の際に、非上場株式などの贈与税や相続税につき、一定の要件において納税を猶予して貰える。
そして後継者の死亡などがあった際、納税分が猶予している贈与税や相続税の納付を免除される制度があります。
会社オーナーの財産の株式が会社業績の向上などで会社株式の価値が大きくなっても、その分相続する人に高い相続税が課税され、現金で支払わなければいけないのが困る要因です。
専門知識を得て実務経験を積むことで一定のレベルを維持しながら、業務を進める税理士の職務としてのスキルが重要になります。
個人だけでなく法人向けに施行されている事業承継税制はますます利用のニーズが増えていく傾向で、様々な視点から適用の可否を検討できる人材になる必要があり、選ばれる税理士になることです。
個人の相談を受ける税理士で税金対策を主にするだけでなく、企業の事業が永続的に維持し成長していけるよう承継の計画の策定が必須事項です。
中小企業や開業医に対して、円滑な策定により、全く納税額が違ってくるのであれば、経験とノウハウを使って税理士の業務上の慣れが必要になります。
一般の印象としての税理士の職務は、税務署の窓口に掛け合ってもらったり、適正な税金の納め方を詳しくケースを考えて個別に考えてくれる、頼もしくもあり、より顧客に寄り添った業務であるように感じられます。

調整能力も必然

非課税制度も対象外が増えています。 教育資金については学校の入学金授業料だけでなく、学習塾の月謝も、子供の趣味の習字の習い事も教育費として範疇であるそうです。 大学を出た年齢からの20代の人の趣味で行う習い事費用は、途中で非課税の対象外になるなど詳細にかわります。

ミスが少ない人

税理士は、独特のセンスが求められ、顧客と近い位置にいます。 細かい業務に根気よく、特段の集中力で業務を遂行するような、事業所と役所を繋ぐ歯車的な職務も伴う仕事です。 正確なタイピングが求められるのは、効率化とミスがないことでの信頼が重要だからです。 税務相談が円滑に進められる社会性も、求められています。

課税判断に対して

税務の課税の判断に問題が出た場合に、納税者から「国税不服審判所」に申し出ることができ、判断が不当と考えられれば、司法の裁判所に提訴できます。 審判所は独立していると言いながらも国税局の付属の機関であり行政府の組織であるので、課税の判断を覆すことは1割もない。

▲ページTOPへ戻る